banner

通関士になるための法律を勉強するコツー1

banner 通関士試験に合格するためのポイントは、通関業法、関税法等、通関実務と3つある試験のうち、通関実務の試験をいかに制するかにかかっています。
というのも通関業法や関税法等は法律を覚えることを主眼に勉強すればよいのに対し、通関実務は通関実務に関する法律をしっかりと理解しておかなければ、まったく点数が取れないような出題傾向があるのです。
というのも近年貿易に関する法律の改正がどんどん行われており、通関実務そのものが非常に煩雑になってきていることが挙げられます。
過去問題をいくら解いても、これまで出題されていなかった用語が突然出題されて、タイムリーなニュースに関連する問題が出題されるといったことがあるからです。
計算問題が増加傾向にあるという点も、通関実務の点数のとりづらさに拍車をかけています。
計算問題は暗記では解決できませんからね。
ですので、勉強に割く時間の大半を通関実務の攻略に捧げることが、通関士試験に合格するための近道と言えるでしょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren5set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

banner

法律の関連情報

banner 通関士試験に限ったことではないのですが、試験の多くは複数ある試験科目のうち、それぞれに一定の理解度が

通関士になるための法律を勉強するコツー2

banner 通関士試験に合格するためには、通関実務を制する必要があります。
ただし、だからと言って通関業法

通関士になるための法律を勉強するコツー3

banner 通関士試験の勉強をする際、通関業法および関税法等と、通関実務の勉強は、1日のスケジュールには詰め込ま

通関士になるための法律を勉強するコツー4